SF

邦画界期待の俳優、染谷将太さん

染谷将太さんは邦画界期待の、俳優として今多くの人達から注目を集めています。

染谷将太さんは、東京都出身の1992年生まれの23歳で、彼は7歳の頃より子役としての活動をスタートさせていて、数多くの作品に出演を果たしています。

彼が大きな注目を集めた作品が2011年に公開され、ヴェネツィア国際映画祭にも出品された園子温監督のヒミズです。演技が高い評価を受けて二階堂ふみさんと共に、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞しています。

その後も彼は次々と話題作に出演していて、数々の賞を受賞しています。

彼の魅力は眼力の強さでコミカルな演技なども、似合うのですが一種独特の冷たい目を持つ影のある演技が、彼の演技をより一層魅力的に見せています。彼は幼い頃から俳優としてのキャリアを、スタートさせているのでまだ23歳ながら多くの出演作があり実力派俳優の中でも、一つ頭抜き出ている俳優として確固たる地位を築いています。