SF

邦画の中でSFというジャンルについての説明

邦画というジャンルの中でSFをテーマにして作られる映画というものがあり、特徴については次の通りとなります。洋画のように1つの映画に多くの予算をかけることはありませんが、その分細かい演出が特徴となっています。

SFといってもタイムマシンや宇宙をテーマにした映画ではなく、近未来といった内容のものが中心となっています。邦画においては近未来や怪獣が登場する作品が多くなっており、それを日本国内ではSFと呼ぶことがあります。

特に日本国内におけるウルトラマンやゴジラといったシリーズは、邦画における代表的なSF映画となっています。多くの作品が作られている両作品は、後に海外でもリメイクされるほどの人気作品となっています。昔はこういった作品が中心となっていますが、近年はマンガを原題として作られていることが多くなっています。

特に邦画ではCGアニメーションを多用した映画が人気であり、エヴァンゲリオンや攻殻機動隊といったものがあります。アニメという作品ではありますが、非常にリアリティーある作品と仕上がっていることが特徴となります。通常アニメとなると子供向けの作品が多いですが、これらのシリーズは大人が見ても楽しめるように制作されています。

ただCG技術を多用するのではなく、ストーリー構成においても視聴者を引きこむように演出されています。海外でも高い評価を受けているため、こちらもアニメだけでなく実写化するというケースもあります。またSFアニメとして人気があるため、アニメグッズとしてもとても人気がある作品と仕上がっています。カラオケといった娯楽施設においても、若い方から中高年を始めアニメソングとして親しまれています。

特にエヴァンゲリオンの曲については、比較的カラオケ店で歌われることが多いアニメソングとなっています。このようにアニメ技術において優れていることが、邦画における大きな特徴となっていることが確認出来ます。